鍵屋さんが教える防犯に向いていない鍵

世の中には施錠をするための鍵が数多く存在していますが、その全てが防犯に向いているものではありません。そのため、鍵の選び方を間違ってしまうと思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があると言えるでしょう。さて、それではどのような鍵が防犯には向いていないのでしょうか?その点について、鍵屋さんに教えてもらった情報を私から発信させていただきたいと思います。

まず鍵屋さん的に一番防犯に向いていないような鍵というのは、アンティークの目的で作られた鍵だそうです。よくアンティーク系の家具にとりつけられている、ドクロのような鍵がありますが、あのようなタイプの鍵は鍵としての役割を果たしてはくれるものの、本気でしようと思うと素人でも簡単に鍵を使用しなくとも解錠できますので、確実に防犯という目的では使用できないと言えるでしょう。このようなタイプの鍵を玄関に使用することはまずないですが、もしそれを玄関の鍵にしたとすれば勝手に自宅に入ってくださいと言っているようなものになります。

また、玄関の鍵などに普通に売られている鍵にも防犯に向かない鍵は存在しています。その中でも片側にしかギザギザのついていないような鍵であれば、シリンダーの構造が単純であることからピッキングを簡単に行われてしまうというリスクがあるため、防犯には向いていないでしょう。最近では多少なりとも鍵のセキュリティ性を上げるという目的で、鍵のギザギザを多くしてみたり、従来のギザギザとは違った鍵にしたりするなどの工夫がなされています。

以上のように、鍵屋さんから教えてもらった防犯性に向かない鍵の特徴としては、単純な構造であることが見受けられます。これらの鍵を使用してはいけないというわけではありませんが、もしそれを使用してしまうと無理矢理鍵をこじあけられてしまうリスクがあったり、空き巣被害にあったりしますので、できるだけ使用しない方がいいでしょう。