鍵の交換は何年に一回するべきでしょうか?

最近ふと疑問に思うのが鍵の寿命についてです。場所によって鍵はほぼ毎日使用する物ですし、当然劣化もします。鍵が使えなくなってしまったら防犯面でとても危険ですから、困ります。その前に修理や交換をするのが望ましいと思うのですが、一体どのくらいの頻度で交換するべきなのでしょうか。

鍵交換をする時期は鍵に何かトラブルがあってからと考えている方も少なくありませんが、実はそれから鍵を交換するとなると手間や費用がかさむケースが多いのです。

鍵が突然回らなくなってしまった、鍵を鍵穴に刺しこんだら途中で鍵が折れてしまった、鍵穴が壊れてしまったなどのトラブルが起こると、通常の鍵交換よりも手間がかかるため、時間も費用も多くかかってしまうのです。

またそういった鍵のトラブルは突然起こってしまうため、外出しようと計画していたときや急ぎのときなどはとても困ります。鍵が使えないと出かけることができなくなるため、予定が大幅に狂うことも出てくるのです。

余計な手間をかけないためにも鍵の調子が少し悪いなと感じることが出てきたら、交換を検討し始めた方がいいと思います。

また鍵の防犯性能もどんどん向上しています。空き巣被害の手口も巧妙化していて簡単にピッキングで鍵を開けられてしまうケースも少なくないのです。

それを考えると特に侵入者が入りやすい窓ガラスや玄関、勝手口などの鍵に関しては防犯性を維持するために、防犯性の高い鍵に早めに交換を検討したほうがいいと思います。